医療保障は日雇でも加入出来ます

土木・建築業などで日々雇い入れられ仕事に従事する人や、2ヶ月以内の期間が定められて雇い入れられた人なども、医療保険の被保障者になれる様、日雇特例被保障者の保護が医療保険制度には有ります。それによって日雇いで仕事に従事する人達にも怪我や病気になった時、健康保障の適用が受けられる様になっています。しかし日雇い労働者の方が被保障者になるためには、労働者自身が保障加入の手続きを行なう必要があります。日雇い労働を始めてから5日以内に居住地にある日本年金機構に出向き、加入手続きを行なって下さい。手続きが完了すると健康保障被保障者手帳が交付されます。

日雇労働者の給付申請方法

医療保険には日雇特例被保障者の保護の制度もあります。健康保障の中に日雇特例被保障者の保障給付があり、それぞれ療養の給付、傷病手当金、家族療養費、移送費、高額療養費、死亡給付金等、普通のサラリーマンと同じように保障給付が行われます。ただし、支給期間が決まっていることが一般のサラリーマンとは異なるところとなっています。日雇特例被保障者はどのように保障料を支払うかというと、日雇労働被保障者手帳を保障者に申請し、それに給料を支払った企業が健康保障印紙を貼付します。被保障者はその手帳に張られた印紙の枚数によって、保障給付が行われるかどうかが決まります。現在ではイベントのコンパニオン等、日雇いのイメージも大きく変化しています。該当する人はぜひ医療保険に加入し、万が一に備えてください。

医療保険の基礎の情報