国家公務員の医療保障制度

一般の(民間の)会社員の方であれば、健康保障と厚生年金が給料から天引きされているでしょう。国の省庁や国立大学、国立病院などで働いている国家公務員の場合、これが一つになっている国家公務員共済組合という保障になります。運営は国家公務員共済組合連合会(KKR)で、短期の医療保険と長期の共済年金が払われます。対象者は国家公務員とその家族。国家公務員とその家族は共済組合に加入する必要があります。医療保険としては、業務以外のケガや病気、出産、死亡などのケースでかかった費用の一部を保障金でまかなうというもの。これは、一般の(民間の)会社員と同じですが、年金の部分は掛け金が少なく、もらえる額は多めの傾向があるようです。

国家公務員共済組合のいいところ

医療保険の種類の中で国家公務員共済組合というものがあるが、もちろん数ある医療保険の中で国家公務員が加入する保障のことである。組合のメリットはいくつかあるが、その中でも国家公務員共済組合連合会(KKR)というものがあり、組合員向けのサービスがいくつかある。サービスの一つとしてお勧めなものがKKRホテルやリゾートの優待利用である。手頃な価格で利用できるほか、2000円の補助が付いていたりと嬉しい特典がたくさんだ。他にもブライダルや冠婚葬祭など生活全般のことで様々なサービスを受けることが何より利点である。

医療保険の基礎の情報